ニュース2022年国際大会の開催地
モントリオールに変更

2022年国際大会の開催地  モントリオールに変更

国際理事会は2022年に開催する第104回国際大会の開催地を、インド・ニューデリーからカナダ・モントリオールに変更することを決定した。6月17日(日本時間)、国際協会が公式ウェブサイトで発表した。

新型コロナウイルス感染症による困難な状況が続く中、継続的な渡航および健康に関する勧告、また国際大会の規模と複雑さを考慮して決定されたもの。理事会はまた、双方の合意に基づく将来の年にニューデリーで国際大会を開催することで同意した。

モントリオールでは今年6月に第103回国際大会を開催する予定だったが、1月に完全オンラインによるバーチャルイベントへの転換が決まった。2022年のモントリオール国際大会は6月24〜28日に開催予定。同市での開催は1979年、96年に続いて3回目となる。

今年6月25〜29日に開かれる国際協会史上初のバーチャル国際大会に関する情報は、国際協会公式ウェブサイト「LCICon」で入手出来る。
※「行事予定」はこちら
※「投票」はこちら

バーチャル国際大会で代議員投票に付される「国際会則及び付則改正案」「国際第3副会長候補者」は「ニュース」に掲載。

2021.06更新