活動報告交通安全街頭キャンペーン
事故”だいこん絶”大作戦

交通安全街頭キャンペーン 事故”だいこん絶”大作戦

魚津ライオンズクラブ(熊本新一会長/48人)は7月14日の午前10時から約1時間、毎年恒例となっている交通安全街頭キャンペーン「交通事故『ゼロ』を目指し『だいこん絶』大作戦」を実施した。魚津市交通センター及び魚津警察署と連携し、当クラブからはメンバー18人が参加して交通事故の根絶を呼びかけた。

最初に当クラブの熊本会長と魚津警察署長からあいさつがあり、続いて魚津八幡宮の宮司に交通安全祈願のおはらいをしてもらった。その後、魚津警察署署員の方々に交通整理をしてもらいながら、県道の中央にカラーコーンで仮囲いした安全地帯で、通行する車のドライバーに安全運転を呼びかけた。交通事故の「大根絶」大作戦にかけ、地元でおいしいと評判の魚津市宮津産のダイコン150本を、啓発チラシと一緒に配布した。暑い中での活動だったので、よく冷えたダイコンを手に持つとひんやりと気持ちが良かった。

今年度もコロナ禍が収まらない中での実施となったため、昨年に引き続き配布するダイコンの本数はコロナ前の約半分とし、極力短時間で終了するように努めた。強烈な日差しが照り付けていたが、メンバー一同はマスクを着けて感染症対策に留意しながらドライバーに安全運転を呼びかけた。

非常に暑い日が続いている。熱帯夜には睡眠も浅くなり、疲れが取れにくいだろう。車中は涼しく快適なため、運転中に眠くなりがちだ。この時期の運転は特に気を引き締めて、安全運転を心がけてもらいたいと思っている。
 
2022.08更新(幹事/小林正伸)