ニュース第3副会長候補者

第3副会長候補者

A. P. シン

A. P. シン(インド コルカタ)は、2004~2006年国際理事を務めた。現役の公認会計士で、1984年にカルカッタ・ヴィカス・ライオンズクラブ入会。多数の会長賞、そして親善大使賞を受賞している。3ブルーサファイア・イエローゴールド累進メルビン・ジョーンズ・フェローであり、視力ファースト・キャンペーンIIとキャンペーン100のメジャードナー。シン元国際理事は、他の基金や財団、企業などと協力して数多くの社会奉仕プログラムを始めた功績を持つ。


スヴェイン・オイスタイン・バーントセン

スヴェイン・オイスタイン・バーントセン(ノルウェー ヘトレヴィク)は、2014~2016年国際理事を務めた。25年以上にわたり国内外の多くのベンチャー企業のCEOを務めた経験を持つ、ビジネスリーダーであり経営者。文献学の学位、および法律学、金融・戦略マネジメントの各修士号を持つ。妻ハンネともに、アスコイ・ライオンズクラブの正会員。国際理事会のリーダーシップ委員長、2016年ヨーロッパフォーラムの監修委員長、および2018~2019年理事会アポインティを歴任した。LCIフォーワード戦略プロジェクトでは委員長を務めたほか、GLTエリアリーダー、国際難民委員会のメンバーでもある。複数の会長賞や、協会での最高栄誉である親善大使賞をはじめ、多数の賞を受賞している。プログレス・メルビン・ジョーンズ・フェロー、キャンペーン100のリードドナーで、多数の国際的な人道支援事業でプロジェクトリーダーを務めている。


2022.05更新(国際協会指定記事)

第104回国際大会の情報は国際協会公式ウェブサイト「LCICon」を参照
※「行事予定」はこちら