ニュース2019年国際大会 公式通達
イタリア・ミラノ

2019年国際大会 公式通達 イタリア・ミラノ
*7月5日から9日に開催されるミラノ国際大会に関する情報は国際協会公式ウェブサイト「LCICon」を参照

以下の国際会則改正案が2019年国際大会において提出され、代議員による票決の対象となります。

第1項:アフリカという新しい会則地域を設け、アフリカを代表し各偶数年に選出される1名の新国際理事を加えるとともに、ISAAMEという会則地域をISAMEに改名し、会則地域を番号順に列記するための改正案。(会則に対するこの改正案の可決には3分の2の賛成票が必要)

下記の改正案を承認すべきか?

国際会則第5条第3項の既存の文言を全文削除し、以下の文言と差し替えることにより、同項を改正する。

第3項:国際理事会の会則地域別構成及び選挙。国際理事会は、会長、前会長、第一、第二、及び第三副会長、並びに、下記の通りに選出される理事で構成される。

各偶数年に18人の理事、すなわち米国及びその領域、バミューダ、バハマ諸島のクラブから5人、南アメリカ、中央アメリカ、メキシコ、カリブ海諸島のクラブから1人、ヨーロッパのクラブから3人、東洋東南アジアのクラブから3人、インド、南アジア及び中東のクラブから4人、オーストラリア、ニュージーランド、パプア・ニューギニア、インドネシア及び南太平洋諸島のクラブから1人、アフリカから1人を選出するものとする。

各奇数年に17人の理事、すなわち米国及びその領域、バミューダ、バハマ諸島のクラブから6人、カナダのクラブから1人、南アメリカ、中央アメリカ、メキシコ、カリブ海諸島のクラブから1人、ヨーロッパのクラブから3人、東洋東南アジアのクラブから4人、インド、南アジア及び中東のクラブから2人を選出するものとする。

2019.05更新(国際協会指定記事)

*代議員資格証明と投票に関する情報はこちら