アクティビティ投稿(クラブ・リポート)

現在登録されているアクティビティレポートは907件です。
    ワード検索: 
[ 前へ | ・ | 次へ ]
青少年のための環境整備活動

活動日:2017年11月4日

333-E-2R-2Z / 潮来ライオンズクラブ

会長 / 篠塚 洋一

now printing now printing
11/4 第二回青少年のための社会環境整備(青少年健全育成活動)
 次代を担う青少年がたくましく心豊かに成長することは、世の全ての親の願いであるとともに、私たちに課せられた重要な使命です。また、それは、社会全体が担うべきものであり、青少年の健全育成に我々一人ひとりがかかわっていくことが重要であるのではと考えます。潮来市内各青少年育成団体・PTAと協力し有害ビラや有害たて看板を撤去し社会環境整備活動をおこないました。「子どもの多様な価値観を認め、家族内のコミュニケーションを図るように心掛け、いつでも地域社会や親が温かく見守り、子どもを孤立させないことが大切です」We Serve
UP PAGE
薬物乱用防止啓発活動

活動日:2017年11月3日

333-E-2R-2Z / 潮来ライオンズクラブ

会長 / 篠塚 洋一

now printing now printing
11/3 文化祭で薬物乱用防止啓発活動
 潮来高校文化祭でPTAと協力して薬物乱用防止啓発活動を行いました (リーフレット配布) 近年、麻薬、覚せい剤、大麻、危険ドラッグ等の乱用は、乱用者個人の健康上の問題にとどまらず、各種の犯罪を誘因するなど、社会に計り知れない危害をもたらします。特に近年、中・高校生を含む若者の間で危険ドラッグ等の薬物の乱用が拡大し、社会問題化しています。麻薬・覚せい剤等の乱用の恐ろしさを広く周知することにより、薬物乱用防止に対する意識を高め、麻薬・覚せい剤等の乱用の根絶を図ることを目的として、今後もクラブでは、中高校生等に薬物依存の怖さや薬物に関する正しい知識等を伝えていきたいと考えます。「誘惑に負けない強い心」 We Serve
UP PAGE
メディア社会奉仕活動

活動日:2017年10月29日

333-E-2R-2Z / 潮来ライオンズクラブ

会長 / 篠塚 洋一

 10/29潮来LC(メディア社会奉仕活動)
 毎年、11月1日は「いばらき教育の日」、11月は「いばらき教育月間」です。クラブで力を入れているメディア社会奉仕活動である茨城県高等学校PTA連合会のホームページをリニューアルしました。潮来ライオンズクラブでは、5周年の記念事業としてスタートしてから継続事業として10年目になり青少年健全育成を中心にメディア奉仕に力をいれています、現在、地域社会奉仕7サイトを運営管理して、ライオンズクラブのPR情報をふまえて今後も、新規事業に取り組んで生きたいと考えます。 このICT・PR情報活動が新しい形の社会奉仕 に繋がれば嬉しいです。 「人間にとって大切なのは、 この世に何年生きているかということではない、この世でどれだけの価値のあることをするかである。」 We Serve
UP PAGE
国際平和ポスター・コンテスト選考(青少年健全育成活動)

活動日:2017年10月5日

333-E-2R-2Z / 潮来ライオンズクラブ

会長 / 篠塚 洋一

now printing now printing
 10/5 国際平和ポスター・コンテスト選考(青少年健全育成活動)  3回目となる「国際平和ポスターコンテスト」に参加協力しました。ライオンズクラブ国際平和ポスター・コンテストは、11〜13歳の子供たちを対象に平和に対する芸術的な視点を共有する機会を提供し作品に平和への思いや願いを込めた絵を描いてもらうことにより、平和の尊さ、大切さについて考えるとともに、未来に向かって平和を希求する心を育んでいただくことを目的としています。単位クラブとしては10年前から「家庭の日」ポスター絵画展を協賛しているため重複してしまいましたが各学校(中学校、小学校)から15作品の応募があり、入賞作品5点を選考しゾーンに提出します。そして提出された5点はクラブ内でクラブ会長賞を贈ります。そして11/11〜13まで第40回潮来市民文化祭において作品を展示します。子どもたちが学習等で得た知識を応用して想像力を働かせ、平和とは何なのか、また、世界平和の大切さについて一層深く考え世界の子どもたちが「平和を願い」「平和を考え」胸に描いたメッセージを心して絵に描くことは大切な平和活動の1つになると思います。参加された児童・生徒のみなさんが、今回の活動をきっかけに、平和への思いをいつまでも忘れないようにしてほしいと思います。「人類が、心と精神、知と愛、あらゆる能力をもって互いに結び合い、互いに理解し合うとゆう希望が実現できたら、今日、まだ誰もが考え得ないような世界が生まれます」 We Serve
UP PAGE
333ーE地区薬物乱用防止教育認定講師養成講座

活動日:2017年10月26日

333-E-2R-2Z / 潮来ライオンズクラブ

会長 / 篠塚 洋一

now printing now printing
10/26 333ーE地区薬物乱用防止教育認定講師養成講座
 クラブから(東海会場1名、土浦会場9名)10名で受講し、今回3名の新会員も受講しました。この講座は内閣府、厚生労働省,警察庁、文部科学省の後援を受け、(財)麻薬・覚せい剤乱用防止センターとライオンズクラブ国際協会333ーE地区の共催で開催。、薬物乱用問題は全世界的な問題となっておりわが国においても覚せい剤・合成麻薬MDMA・違法ドラッグ・大麻乱用が青少年層に拡大し、薬物汚染の現状はますます低年齢化・潜在化傾向にあり極めて深刻な社会問題となっております。この解決のためには、学校・家庭・地域社会が一体となって正しい知識を身につけ薬物乱用防止教育に対処していくことが重要です。青少年の健全育成をアクティビティの柱の一つとしているライオンズクラブの使命として、この問題に取り組んでいかなければならないと思っております。川島地区ガバナーの方針でもあります「地域を巻き込みながらACTをして行きましょう 」を推進して、自ら講師として学校へ出向いて薬物乱用防止教室を開催することにより、薬物乱用から青少年を守り、健全育成をはかることをクラブでも積極的に推進していきたいと考えます。「忍び寄る誘惑に、断る勇気」 We Serve
UP PAGE
[ 前へ | ・ | 次へ ]


トップページへ戻る