アクティビティ投稿(クラブ・リポート)

現在登録されているアクティビティレポートは859件です。
    ワード検索: 
[ 前へ | ・ | 次へ ]
クリスマス家族例会2016

活動日:2016年12月22日

335-C-2R-2Z / 京都日吉ケ丘ライオンズクラブ

広報情報委員長 / 田中雄之

第605回12月第二例会「クリスマス家族例会」 
2016年12月22日(木)17:30〜20:30
於 ホテルモントレ京都 1F「アークハート」



 年に一度の「クリスマス家族例会」メンバーと家族、友人が集う楽しいクリスマスパーティが始まり、会長L河本泰史が、「メンバーとそのご家族・友人が参加の楽しいクリスマスです。美味しいお料理とお酒で、今夜は大いに楽しみましょう!!」と挨拶された。

 子供たちがキャンドルを手にして入場し、拍手でお迎えした。子供たち全員がステージに上がり「あかはなのトナカイ」を合唱し、パーティーが始まった。計画委員長L山本利廣から「今夜は楽しみましょう!!」と開宴の挨拶があり、会長L河本泰史の挨拶に続き、地区会員増強副委員長L田中繁信の乾杯の音頭で乾杯し、ウイサーブで楽しい食事となった。

 バルーンアーティストLoofaさんによるバルーンアートで子供たちは大喜び。子供たち全員にバルーンアートがプレゼントされた。つづいて大好評のビンゴゲームでは、場内笑いとためいきで大盛況だった。最後にサンタクロースさんから子供たちにプレゼントを!!ひとりひとりにお話ししながら、プレゼントを手渡し、子供たちは最高の笑顔でいっぱいだった。

 全員で会場中、大きく輪になり、「また会う日まで」を合唱し、定刻終了した。
広報情報委員長 L田中雄之

UP PAGE
地域内小学校にパンジーの苗をお届け

活動日:2017年1月19日 〜 2017年1月26日

334-C-1R-4Z / 大東ライオンズクラブ

幹事 / 工藤 豊

 1月19日、大東ライオンズクラブの継続事業である小学校への花の苗の寄贈を行いました。地域内の5小学校へパンジーの苗を各200ポッドお届けしました。

 今回で6回目となり、学校側からもお礼のお言葉をたくさんいただきました。

 中小学校、千浜小学校では当日に植え付けを行いました。千浜小学校での様子は「静岡新聞」「中日新聞」に掲載されました。

 その後も3回に分けて小学校を回り、今年も5校で児童と楽しいひとときを過ごすことができました。きれいに咲きますように!
UP PAGE
盲導犬支援金 寄贈式

活動日:2017年1月10日

334-B-3R-2Z / 河芸ライオンズクラブ

会長 / 井田 和男

 昨年末に開催した「盲導犬援助支援啓発運動及び福祉演芸会」で来場者に呼び掛け集めた寄付と河芸LC寄付60,000円を中部盲導犬協会に寄贈させて頂きました。

また、当クラブ会員の事業所等で募金箱を設置していた募金(10,685円)も一緒に寄贈させて頂きました。

 この活動を通じて、盲導犬1頭を育てるのに約500万円必要だが、その9割を寄付で賄っている現状を知り、これからも募金活動を続け、地域で啓発を進める活動をしていきたい。

 本年度新たに3カ所募金箱設置場所が加わりこれからも継続し支援活動を行っていきます。

 この当クラブ活動に対し中部盲導犬協会から感謝状を贈呈されました。
UP PAGE
ライオンズクラブ100周年事業「盲導犬支援啓発運動及び老人福祉演芸会」

活動日:2016年12月18日

334-B-3R-2Z / 河芸ライオンズクラブ

会長 / 井田 和男

 津市河芸町 中央公民館大ホールにてライオンズクラブ100周年記念「盲導犬支援啓発運動及び老人福祉演芸会」を開催しました。

 オープニングは、朝陽中学校吹奏楽部の皆さんがオープニングを飾ってくれました。

 1部では、盲導犬2頭が出演し、視覚障害者や盲導犬について正しく理解頂く為の講演を開催しました。

 地元朝陽中学校の生徒や保護者の方にも受講いただき、参加生徒へは、盲導犬支援品のハンカチやクッキーをお渡しさせて頂きました。

 2部では、4名の歌手をお招きし、歌謡ショーを開催しました。また、出演歌手と共に盲導犬が会場を練り歩き募金活動を行い会場を沸かせました。

 この活動で集まりました募金、チャリティーグッズ販売代金等は、中部盲導犬協会様に寄贈させて頂きます。

 後日、このイベントの様子が、地元の新聞に掲載されました。
UP PAGE
園児と一緒にWe Serve!

活動日:2016年10月19日

336-D-1R-2Z / 松江ライオンズクラブ

社会・奉仕委員長 / 宮本 紀之

日時:平成28年10月19日(水)9:00〜14:00
芋掘り場所:忌部高原ライオンズ畑
食事会場:老人ホームあおぞら

 このアクティビティは、園児が自ら収穫した芋を老人ホームの方にプレゼントすることを通じて社会との関わりや協調性を高め、高齢者との交流やボランティア活動の大切さを理解してもらうことを目的として実施致しました。

 今回のアクティビティに協力して頂いたのは、あおぞら保育園様と老人ホームあおぞら様です。当日は、忌部高原周辺ライオンズ畑で園児に芋掘り体験をしてもらい、収穫した芋を持って老人ホームあおぞら様へ芋のプレゼント。

 その後、園児による歌、最後に収穫した芋を使って作った芋汁で老人ホームの方々と一緒に食事会を行いました。老人ホームの方も大変喜んで下さいました。

 今年のライオンズ畑は天候にも恵まれ、例年にない豊作となりました。アクティビティ終了後は、食糧支援の一環として余った芋を両施設へ寄贈し、給食で約800食が提供されました。
UP PAGE
[ 前へ | ・ | 次へ ]


トップページへ戻る