ニュース
トピックス
イベント
ライオンズ情報資料
ライオン誌日本語版







[ア]
●アイバンク 角膜移植が円滑に行われるように、角膜を斡旋する公的機関。献眼の意思のある人が登録し、死後に眼球提供があった場合には関係機関と連絡調整して、角膜移植待機者へ斡旋する。全国のライオンズクラブは率先してアイバンク運動を展開している。

●アクティビティ=Activity ライオンズクラブが地域社会などに対して行う奉仕活動のこと。地域社会のニーズに応じて、さまざまなアクティビティが実施されている。

●アポインティー →国際理事会アポインティー

●アワード=Award 各種の賞のこと。ライオンズクラブの活動に特に顕著な活躍をした会員またはクラブに贈られる。100%地区ガバナー賞、100%会長賞などがある。

[イ]
●インターナショナル・パレード=International Parade 国際大会の公式プログラムとして催されるパレード。世界各国から大会に集った参加者が、国ごとに民族衣装やパフォーマンスに趣向を凝らして行進する。フロート、バンド、ユニフォーム、行進隊の部門でコンテストも行われる。

[ウ]
●ウィ・サーブ=We Serve ライオンズクラブのモットー。日本語訳は「われわれは奉仕する」。国際協会が「ライオニズムを如実に物語り、各国後に翻訳可能で5語以内」という条件で公募し、1954年にカナダ・オンタリオ州フォントヒル・ライオンズクラブのLスティーブンソンの作品が採択された。

[エ]
●エクスカーション=Excursion クラブのチャーター・ナイト、地区年次大会、複合地区年次大会などにおいて、プログラムの一つとして行われる観光や親善旅行のこと。

●エクステンション=Extension ライオニズムを拡張(Extension)するという意味で、新クラブを結成することを言う。新クラブを結成する際には、クラブにエクステンション委員会を設け、結成後は1年任期のガイディング・ライオンが新クラブの指導に当たる。

●エム・ジェイ・エフ(MJF) →メルビン・ジョーンズ・フェロー

●エル・シー・アイ・エフ(LCIF) ライオンズクラブ国際財団の略称。

[オ]
●オープニング・アイズ・プログラム=Opening Eyes Program 知的障害者にスポーツの機会を提供しているスペシャルオリンピックスと提携し、スペシャルオリンピックスの出場選手に無料で視力検査を行うプログラム。LCIF四大交付金の障害者援助分野における優先事業。

●オセアル=OSEAL(Orient and Southeast Asian Lions) 東洋・東南アジア・ライオンズの英文の頭文字をとった略称。

●オセアル・フォーラム →東洋・東南アジア・ライオンズ・フォーラム

[カ]
●会員維持=Membership Retention 会員の退会を防止すること。クラブの活動に対する興味と関心、参加意欲を高めて退会者を出さないようにし、クラブの活性化を図る。

●会員増強=Membership Development 新会員を増やし、会員の退会を防ぐなどして、組織を強化すること。

●会計年度=Fiscal Year ライオンズクラブの会計年度は、毎年7月1日から翌年6月30日まで。

●会則地域=Constitutional Area 国際会則では世界を7つの会則地域に分け、各地域ごとに国際理事の定員を定めている。アメリカ及びその周辺、カナダ、メキシコ・中南米・カリブ諸島、ヨーロッパ、インド・南アジア・アフリカ・中東、東洋・東南アジア、大洋州及びその周辺の7つ。日本は中東、東洋・東南アジア地域に含まれる。

●ガバナー →地区ガバナー

●ガバナー・エレクト →地区ガバナー・エレクト

●ガバナー公式訪問 →地区ガバナー公式訪問

[キ]
●キー賞=Key Award 国際協会から贈られる賞の一つで、2人以上50人までの新会員をスポンサーした会員には5人ごとに、50〜100人は10人ごと、100〜300人は20人ごと、300〜500人は50人ごとに、スポンサーした新会員数を表す数字の入った記念の賞が国際協会から贈られる。

●キャビネット=Cabinet 「地区ガバナー・キャビネット」のこと。構成員は地区ガバナー、前地区ガバナー、副地区ガバナー、地区名誉顧問会議長、地区幹事、地区会計、リジョン・チェアパーソン、ゾーン・チェアパーソンの他、地区ガバナーが必要として認めて任命した役員。地区幹事のことをキャビネット幹事、地区会計をキャビネット会計とも呼ぶ。

[ク]
●グッド・スタンディング=Good Standing クラブが国際会則第3条、第8条、国際付則第1条を始めとする国際協会、地区の会則及び付則を遵守して運営されていること。ステータス・クオ(活動停止)クラブ、会費未納のクラブ、50ドル以上の未払い残高が90日以上経過しているクラブは該当しない。
グッド・スタンディング・クラブでなければ、各種大会に代議員を派遣することは出来ない。会員については、所属クラブの会則及び付則を遵守していること。グッド・スタンディング会員でなければ代議員になれず、クラブ、地区または国際協会の役員になることは出来ない。

●クラブ支部=Club Branch 新クラブ結成に必要な20人に満たない会員数で、既存クラブの支部を設置するプログラム。クラブ支部の会員は既存の親クラブの会員だが、親クラブとは別の地域で例会を開いたり、奉仕活動を行うことが出来る。支部の会員には親クラブの正規の会員としてすべての権利と義務が与えられる。

[ケ]
●ゲスト・スピーカー=Guest Speaker クラブ例会に招かれて講演、スピーチを行う会員以外の人物。会員がスピーチを行う場合は、メンバー・スピーチと呼ぶ。

[コ]
●公認指定業者=Official Supplier 国際協会日本事務所の承認を得てライオンズ紋章付き用品を供給する業者。国際会則第10条3項により、日本事務所及び公認指定業者以外からライオンズ紋章付き用品を購入することは出来ない。

●国際会長=International President 国際協会のすべての大会及び理事会の会議の主宰者。協会の業務及び活動を監督する。第2副会長、第1副会長を務めた後に国際会長に就任する。副会長、国際会長は国際大会における無記名投票で選出される。

●国際大会=Lions Clubs International Convention ライオンズクラブ国際協会の年次総会。各クラブから派遣された代議員によって、国際会則改正の賛否投票や、国際第2副会長、国際理事選出の選挙が行われる。公式プログラムとして3回の本会議と各種セミナー、インターナショナル・パレードがあり、世界各国から集まった会員の交流の場ともなる。

●国際平和ポスター・コンテスト=Lions Clubs International Peace Poster Contest 国際協会が主催する青少年プログラムの1つ。11〜13歳の子どもたちを対象に、毎年定められる平和にちなんだテーマに沿って描かれたポスター作品を募集。コンテストは各ライオンズクラブがスポンサーとなって行い、クラブ、準地区、複合地区、国際の各レベルの審査を経て、最優秀賞が選ばれる。

●国際本部=International Headquarter 世界中のライオンズクラブを管理する国際協会の本部事務局。アメリカ・イリノイ州オークブルックにある。

●国際理事=International Director 国際理事会構成員。定数33人の2年任期で、国際大会の代議員投票で半数ずつ改選される。立候補資格は地区ガバナー経験者で所属する準地区及び複合地区による推薦。会則地域ごとに定員がある。

●国際理事会=Board of International Directors 国際協会の執行機関として実質的な運営に当たる。国際会長、前国際会長、第1副会長、第2副会長及び33人の国際理事によって構成され、10の常設委員会が設置されている。年4回(国際大会直後、秋季=10月または11月、春季=3月または4月、国際大会直前)定例会議を開く。

●国際理事会アポインティー=Board Appointee 国際会長によって任命された国際理事会の各種委員会の委員のこと。理事会での表決権は持たない。国際会長は年間7人以内、任期1年で元国際役員を任命出来る。

●国連ライオンズ・デー=Lions Day with the United Nations ライオンズクラブと国連との関係を深めるため、毎年2月か3月にニューヨークの国連本部で開催される。世界各国のライオンズ会員が参加し、国際平和ポスター・コンテストの授賞式や、国連大使との特別昼食会が開かれる。

●ゴング=Gong 例会開始を告げる鐘のこと。元来は例会での勝手なおしゃべりを注意し、鐘を打ち鳴らして静めるためのもの。

[シ]
●シニアクラブ=Senior Club 主として現役を引退した高齢者を中心として結成されたクラブであるが、特に定義があるわけではない。我が国最初のシニアクラブは茨城県・下館シニア・ライオンズクラブ 。

●視力ファースト=SightFirst 1990年にスタートしたLCIFのプログラム。失明予防の専門家、WHO、各国政府、失明予防団体及びライオンズのボランティアが参加して、予防あるいは回復可能な失明を撲滅するための長期的な活動を展開している。

●準地区=Sub-District 複合地区の一部を形成する1地区を言う。準地区は地区ガバナーを選出する。日本では330〜337までの8つの複合地区があり、それぞれの複合地区はA・B・C・D・E・Fという名称の準地区で形成されている。準地区は全国に33地区ある。

●女性会員 1987年の第70回台北国際大会での国際会則改正により、会員資格から「男子」の2文字が削除され、女性の入会が可能になった。1991年には世界初の女性地区ガバナーが、1999年には初の女性国際理事が誕生している。また、2004年には日本初の女性地区ガバナーが生まれている。

●新世紀ライオンズクラブ=New Century Lions Club 年齢の若い会員で構成されるクラブ。設立から7年間は、35歳までの成人のみが入会出来る。7年を経過して以降の年齢制限はない。

●人道主義大賞=Humanitarian Award 人類の繁栄に貢献があった人に贈られる権威ある賞で、国際大会で国際会長から授与される。通常はライオンズクラブ会員以外から選考されている。これまでにマザー・テレサ、ロナルド・レーガン・アメリカ大統領など著名人が受賞。日本人では大相撲の大鵬親方が受賞している。

[ス]
●スズラン給食 1965年(昭和40年)、岩手県の冷害に悩む山村の小学校に給食費に充てるため、盛岡ライオンズクラブ が児童が採ったスズランの花を東京へ送り、東京近辺の26クラブが買い上げた。この経緯が『毎日新聞』の社会面に大きく取り上げられて反響を呼び、当時の佐藤栄作首相の目に止まって辺地校完全給食が実現した。

●スペシャルオリンピックス=Special Olympics 知的発達障害のある人たちに、トレーニングと競技会を提供する国際的なスポーツ組織。LCIFとのパートナーシップにより、四大交付金の障害者援助分野における優先事業として、スペシャルオリンピックスの出場選手に無料で視力検査を行うオープニング・アイズ・プログラムが実施されている。

●スポンサー=Sponsor 新会員をクラブに推薦すること、また、その推薦を行った会員をスポンサーと言う。また、クラブが新クラブの結成を主力となって推進することもスポンサーという。この場合、このクラブはスポンサー・クラブと呼ばれる。更に青少年交換(YE)においては、青少年を派遣する側のクラブもスポンサー・クラブと呼ばれる。

●スローガン=Slogan ライオンズクラブ国際協会のスローガンは、「自由を守り、知性を重んじ、われわれの国の安全をはかる(Liberty, Intelligence, Our Nation's Safety)」。1919年の第3回国際大会で、頭文字の組み合わせがLIONSになるという演説が行われ、その後スローガンとなった。

[セ]
●青少年交換(YE)=Youth Exchange 日本と他国の青少年を互いの国にホームステイさせ、次代を担う青少年の国際的な視野を広め、相互理解の精神をつちかう。1961年、兵庫県神戸市とアメリカ・カリフォルニア州の日米学生交換がきっかけに始まり、1974年に国際プログラムとして採択された。

●世界ライオンズ奉仕デー=World Lions Service Day ライオンズクラブの最初の大会(1917年10月8日)を記念して、1962年、日本の各地区年次大会でこの日を「ライオンズ・デー」とすることが決議された。1970年、国際理事会で「世界ライオンズ奉仕デー」として認められたが、国際協会は現在、それに代わりライオンズ世界視力デーを設け、世界中のライオンズクラブが特別な視力関連アクティビティを行うよう呼び掛けている。

[ソ]
●ゾーン=Zone 地区ガバナーは地区管理のため、地区内をいくつかのリジョンに分け、更にリジョンを4〜8のクラブから成るゾーンに分ける。ゾーンごとにゾーン・チェアパーソンが、 地区ガバナーによって任命される。

●ゾーン・チェアパーソン=Zone Chairperson 地区ガバナーによって任命され、地区ガバナー及びリジョン・チェアパーソンの指導監督の下、ゾーンの責任者としてその運営に当たる。

[タ]
●代議員=Delegate クラブの任命を受けて、国際大会、複合地区大会、地区大会などに出席して議案について表決する。国際大会へは会員25人ごとに1人及び端数13人以上に1人の代議員及び補欠を出席させることが出来る。複合地区大会及び地区大会へは会員10人ごとに1人及び端数5人以上に1人の代議員及び補欠を出席させることが出来る。

●タブ=Tab ライオンズ・ピンに併用されるもの。創立会員が付けるチャーター・メンバー・タブ、100パーセント出席会員のアテンダンス・タブ、在籍50年以上の会員のゴールデン・アニバーサリー・タブ、在籍25年以上の会員のシルバー・アニバーサリー・タブ、地区ガバナーから任命された各種委員長のディストリクト・チェアパーソン・タブ、終身会員のライフメンバー・タブなどがある。有料。

[チ]
●地域フォーラム 国際理事会公認の下、会則地域内の友好・親善・経験の交換、ライオニズム高揚のために開催されている行事。地区大会、複合地区大会、国際大会と異なり、決議事項にはクラブまたは会員を拘束することは出来ない。

●地区ガバナー=District Governor 国際協会役員。地区年次大会で地区ガバナー・エレクトとして選出され、国際大会で地区ガバナーに就任する。地区運営の責任者としてキャビネット構成員を指導し、任期中に地区内のクラブを公式訪問する。任期は国際大会の閉会時から次の大会の閉会時まで。連続再選はない。

●地区ガバナー公式訪問=District Governor's Official Visit 地区ガバナーが任期中に地区内全クラブを公式に訪問すること。地区ガバナーはクラブに対し地区運営の基本方針を説明すると共に、クラブ運営について直接、指導監督する職責がある。

●チャーター=Charter 認証、認証状。新結成されたクラブは国際協会の一員としてチャーター(認証状)を贈られ、その日から国際協会の会員となり、すべての権利と義務が与えられる。

●チャーター・ナイト=Charter Night 認証状伝達式。チャーターの伝達は地区ガバナーが国際協会を代表して行うのが通例。ブラザー・クラブなどが招かれて祝意を表し、新クラブはチャーター・クラブとしての宣誓を行う。

●チャーター・メンバー=Charter Member クラブ結成の際の創立会員。結成後90日以内(90日より前にチャーター・ナイトが挙行された場合はその時点まで)にクラブに入会した会員は、チャーター費を払ってチャーター・メンバーとして登録することが出来る。

[テ]
●テール・ツイスター=Tail Twister クラブ役員の1人。例会などの会合でゲームや余興など種々のアイデアによって会合を盛り上げ、会員間の親睦を図る。会員にファインを課す権限が与えられている。1998年から設置は任意となった。

●転籍=Transfer 会員が他クラブへ移籍すること。前クラブを退会時にグッド・スタンディングであり、退会後6カ月以内に転籍先のクラブ幹事に転籍会員用書類を提出し、その理事会で承認される必要がある。

[ト]
●東洋・東南アジア=Orient and Southeast Asian 7つの会則地域のうちの1つ。日本が所属する地域。

●東洋・東南アジア・ライオンズ・フォーラム=Orient and Southeast Asian Lions Forum 東洋・東南アジア地域内のクラブを代表する参加者が、ライオンズクラブ国際協会の目的と方針を促進、地区及びクラブ役員を指導教育、合同事業の可能性の探求や情報交換を行い、LCIFに対する理解と認識の向上を図る。オセアル(OSEAL)フォーラムとも呼ばれる。各国持ち回りで毎年10〜11月ごろに開催。

●ドネーション=Donation 会員の慶事、誕生、結婚、入学、新築、病気快癒や、弔意、見舞いなどに対する謝礼、その他の意をもって、会員が自発的に行う献金のこと。金額に制限はない。テール・ツイスターはいろいろな事実を紹介して、会員がドネーションを行うのを助ける。ドネーションは原則として事業資金に繰り入れる。

[ニ]
●日本事務所 →ライオンズクラブ国際協会日本事務所

●日本ライオンズ連絡事務所=Japan Lions Office 日本の8つの複合地区共有・共同の事務所として、各複合地区に共通する事務の処理を行う。主に、複合地区連絡会議に関する事項、複合地区費、地区費などの請求、国際協会との連絡、日本からの国際理事会構成員に関する事項等。

●認証状 →チャーター [ネ]

●年次大会=Annual Convention 準地区は国際大会開催日の30日以前、複合地区は15日以前に完了するように年次大会を開催する。準地区はこの大会で地区ガバナーを選出する。複合地区の大会では国際協会への提案事項を決議することが出来る。

[ハ]
●バナー=Banner 正式クラブ旗。各クラブの創意工夫で作られるテーブル・バナー及びフレンドシップ・バナーもバナーと呼ばれる。国内外の他クラブとの友好親善を目的に交換する習慣がある。

●パッチ=Patch バナーに付ける布。クラブを顕彰するために国際協会から交付される。チャーター・アニバーサリー・パッチなど各種ある。

[ヒ]
●ビジター=Visitor クラブ例会を訪問した他クラブの会員。参加した例会の例会費を支払う。メーク・アップの場合は欠席した自クラブの例会費をこれに振り替えることが出来る。

[フ]
●ファイン=Fine 例会その他の会合において、その場の空気を沸き立たせ会員相互の親睦を図る目的で、テール・ツイスターによって課せられる罰金。クラブ会則標準版によると、1回のファインはクラブ理事会で定める額で、同一例会で同一会員から2回を超えて課せられない。ファインは運営費に繰り入れる。

●フォーラム=Forum →地域フォーラム

●複合地区=Multiple District 複数の準地区の複合体。複合地区ガバナー協議会によって運営される。

●複合地区ガバナー協議会=District Governors Council 複合地区内のすべての地区ガバナー及び追加構成員によって設けられる機関。議長は前・元地区ガバナーが務め、副議長、幹事、会計の各1人を互選する。年3回の定例会議を開催。複合地区の運営管理、役員の選任などを行う。

●プロトコール=Protocol 外交儀礼。席順を含めた賓客の接待、式典などについての約束事。

[ヘ]
●ヘレン・ケラー=Hellen Keller(1880〜1968) 三重苦の聖女と呼ばれる。1925年アメリカ・オハイオ州セダーポイントで開かれた国際大会にゲスト・スピーカーとして招かれ、ライオンズに対し「暗闇と戦う盲人のための騎士になってください」と訴え、ライオンズクラブが視力関連事業に重点を置くようになるきっかけをつくった。同大会参加者の満場一致で名誉会員として承認された。

[ホ]
●ホスト・ファミリー=Host Family YE来日生を受け入れる家族のこと。ホスト家庭。ライオンズ会員家族が望ましいが、限定されるものではない。来日生を家族の一員として日常を共にし、生活を通じて相互理解を図る。

[マ]
●MERL(マール)=Membership, Extension, Retention, Leadership 2002年度、ケイ・K・フクシマ国際会長が国際プログラムとして、エクステンション推進及び会員増強を目的に地区におけるMERLチーム結成を提唱した。MERLチームは副地区ガバナーが委員長を務め、会員、エクステンション、リテンション、リーダーシップの各委員会委員長、その他で構成される。

[メ]
●メーク・アップ=Make-up ライオンズクラブでは例会出席は会員の義務だが、どうしても出席出来ない場合、一定の条件を満たせば出席と見なす、メーク・アップという制度を設けている。

●メルビン・ジョーンズ=Melvin Jones(1879〜1961年) ライオンズクラブの創設者。アメリカ・アリゾナ州に生まれる。シカゴで保険代理店を経営していた1917年、アメリカ各地の27の社交クラブ代表者を招集してライオンズクラブを設立。82年の生涯において全精力をライオンズに捧げた。1958年、国際理事会から創設者総幹事という終身称号が贈られた。

●メルビン・ジョーンズ・フェロー=Melvin Jones Fellow LCIFに1,000ドルまたは相当額を寄付した個人、指定を受けた個人に贈られる称号。LCIF最高の栄誉であり、寛大さ、思いやり、気遣いなどを象徴するもの。

[モ]
●モットー=Motto 「We Serve(われわれは奉仕する)」。このモットーは1954年、国際協会が募集したコンテストの応募作の中から、カナダ・オンタリオ州フォントヒル・ライオンズクラブのLスティーブンソンの作品が採択されたもの。

[ユ]
●ユース・キャンプ=Youth Camp 1974年に正式採用された国際プログラム。ライオンズクラブ、地区または複合地区が主催し、16歳〜22歳の青少年を対象に、歴史、産業、教育などさまざまな分野に焦点を当てたキャンプを行う。

[ラ]
●ライオニズム=Lionism 最も崇高な人道的奉仕の理想に専念するライオンズという共同体の連帯の意識を指す。国籍、主義の異なる、また国境や海や迷信などで引き離された人々をつなぎ合わせて、より良い世界へ導こうとする信念。

●ライオネスクラブ=Lioness Club ライオンズクラブが奉仕活動を行うに当たって婦人の協力を得ると共に、婦人のために地域奉仕の機会を作ることなどを目的として結成するもので、ライオンズクラブのアクティビティの一つ。ライオネスクラブはライオンズクラブのスポンサー及び管理の下に、主としてライオネスクラブの理事会が適当と認める地域内の成年の婦人をもって組織される(男性も入会出来る)。ライオネス会員がライオンズ会員になった場合、その在籍年数等の実績がライオンとしてのそれに加えられる。

●ライオン=Lion ライオンズクラブ会員のこと。会員の資格は「善良な特製の持ち主で、地域社会において声望のある成人」。

●ライオン・テーマー=Lion Tamer クラブ役員の1人。クラブ諸備品の整備、保管、会場設営などの職責がある。会合中は会場の秩序を維持し、必要な印刷物や記念品などを配布する。新会員が早くクラブになじめるように席順などにも気を配る。2002年から設置は任意となった。

●ライオン・レディー=Lion Lady ライオンズ会員の夫人を称して言う呼称。

●『ライオン』誌=The Lion 国際協会が発行する公式雑誌(北米版・スペイン語版)及び国際理事会の全面的な統括監督の下に発行される公式機関誌。グッド・スタンディングの会員が5,000人以上に達した地域では国際理事会の承認を得て、その地域独自の雑誌を発行することが出来る。日本語版は1958年から発行されている。

●ライオン誌日本語版事務所 公式機関誌『ライオン』誌日本語版を編集・発行する事務所。

●ライオンズクエスト=Lions Quest LCIFの四大交付金プログラムの青少年奉仕部門として促進している、青少年のライフスキル(生きる力)を養うための教育プログラム。1984年、ライオンズクラブはクエスト・インターナショナルとパートナーシップを結び、ライオンズクエスト・プログラムを導入。2002年に同プログラムを買い取った。

●ライオンズクラブ国際協会日本事務所=Lions Clubs Internatioal Japan Office ライオン・ピンやライオン帽、クラブ旗など公式クラブ用品の供給を行う国際協会の出先機関。他に、各クラブの国際会費やLCIF献金など、国際協会への振込金の管理、ライオンズクラブの名称とマークの登録や統制に関する業務を行う。

●ライオンズクラブ国際財団=Lions Clubs international Foundation(LCIF) 人類の福祉に貢献することを目的に、1968年にライオンズクラブ国際協会によって設立された非営利法人。ライオンズ会員あるいは一般から寄せられた献金を基金とし、LCIF交付金として活用することで、ライオンズクラブや地区が個別に行う奉仕よりも規模の大きな活動を実施することが出来る。

●ライオンズクラブの歌 藤浦洸作詩、小関裕而作曲による日本ライオンズ独自の歌。1959年、京都で開催された第5回年次大会で披露されて以来、例会などで歌い続けられている。

●ライオンズクラブの目的 1917年テキサス州ダラスで開かれた第1回大会で起草され、1919年の第3回大会で正式に決定した以下の6項目。「世界の人びとの間に相互理解の精神をつちかい発展させる」「よい施政とよい公民の原則を高揚する」「地域社会の生活、文化、福祉および公徳心の向上に積極的関心を示す」「友情、親善、相互理解のきずなによってクラブ間の融和をはかる」「一般に関心のあるすべての問題を自由に討論できる場を設ける。ただし、政党、宗派の問題をクラブ会員は討論してはならない」「奉仕の心を持つ人びとが個人の経済的報酬なしに社会に奉仕するようはげまし、また、商業、工業、専門職業、公共事業および個人事業の能率化をはかり、道徳的水準をさらに高める」

●ライオンズ・デー=Lions Day →世界ライオンズ奉仕デー

●『ライオンズ必携』 ライオンズクラブの目的、道徳綱領、スローガンを始め、国際協会の沿革と組織、更に各種会則ほか、ライオンズクラブに関するさまざまな情報を網羅した手帳サイズの冊子。1963年初版、日本ライオンズ連絡事務所発行。

●ライオンズの誓い 「われわれは知性を高め、友愛と相互理解の精神を養い、平和と自由を守り、社会奉仕に精進する」。1960年、第6回年次大会で採択された。新会員は入会式でこの誓いを宣誓する。

●ライオンズ・ローア=Lions Roar ライオンズの雄叫び。会議の眠気や疲労を一掃するため、議事を中断し、全員起立、両手を前方水平に突き出して「ウォーッ」とやったのが始まりとされる。

●ライオンズの紋章 1920年に決定。Lの字を真ん中に2匹のライオンの頭部が左右を向いて配置され、上部にLIONS、下部に INTERNATIONALの文字がある。Lは法(Law)、自由(Liberty)、労働(Labor)、忠誠(Loyalty)、愛(Love)、生命(Life)、そしてライオン(Lion)を象徴し、ライオンの1頭は輝かしい過去の歴史を、もう1頭は未来の運動を見つめている。

●ラペル・ボタン=Lapel Button 襟章。ラペル・ピンあるいはライオン・バッジと呼ばれる。襟の折り返し部分(ラペル)に付けるライオンズの正章。一般会員用、クラブ役員用、地区役員用などがある。

[リ]
●リジョン=Region 地区ガバナーがリジョン・チェアパーソンを任命した場合、地区内はクラブの地理的位置によって10ないし16のクラブから成るリジョンに分けられ、リジョン・チェアパーソンがその運営に当たる。

●リジョン・チェアパーソン=Region Chairperson 地区ガバナーによって任命され、地区ガバナーの指導監督の下、リジョンの責任者としてその運営に当たる。

●リテンション →会員維持

[レ]

●例会=Regular Meeting クラブの最高議決機関であり、会員同志の友好と連帯を強める場。クラブは毎月一定の日時を決めて開催する。例会出席は会員の基本的義務の一つ。

●レオクラブ=Leo Club スポンサー・ライオンズクラブのレオクラブ委員会が適当と認めた青少年男女によってクラブの所在する地域に組織され、スポンサー・クラブの管理の下、活動を行う。青少年に指導力(Leadership)、経験(Experience)、機会(Opportunity)を与え、個性豊かな人間に成長させるための奉仕活動を推進し、会員間に友情、親善、及び相互理解の精神を育成するのが目的。レオクラブ会員がライオンズ会員になった場合、その在籍年数等の実績がライオンとしてのそれに加えられる。

[ロ]
●ロバート議事規則=Robert Rules ライオンズクラブにおけるあらゆる議事の進行はロバート議事規則に基づく。アメリカの将軍、ヘンリー・M・ロバートがアメリカ議会の慣習を中心に議事進行規則を集大成、成文化したもので、安定数順守、多数決、少数意見尊重を原則とし、会議における発言、議長の権限、討議の方法などが定められている。

[ワ]
●YE(ワイ・イー) →青少年交換

| | |